体質改善とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは!

 

12月に入り寒さも本格的に厳しくなってきました。

 

みなさん風邪やインフルエンザなど感染症などに気をつけて

 

お過ごしください。

 

 

 

体質改善整体協会に所属している私ですが体質改善の柱があります。

 

【食事】

 

【睡眠】

 

【運動】

 

これはご自身で行って頂きます。

 

それに【鍼灸】【整体】【ストレッチや体幹トレーニング】

 

などを行い根本的な【体質改善】を行います。

 

 

 

食事や睡眠、運動もやり方を間違えると体質改善どころか体調を崩してしまう事もあります。

 

 

 

例えば

 

 

 

肉=太る 卵=悪玉コレステロールが増える から食べないようにする

 

痩せたいから一日一食で野菜中心の食生活

 

休みの日はたくさん睡眠をとるため昼過ぎまで寝るようにする

 

平日は運動が出来ないので休日にまとめて超ハードに行う

 

 

 

このような内容の体質改善は逆に体調を崩してしまう可能性が大きいです。

 

 

 

肉卵などは良質のタンパク質になるので積極的に食べる事をオススメします

 

野菜中心だと体のエネルギーとなる材料不足になります。

 

野菜類は主として体の調子を整える食材になります。

 

休みの日も起床時間は一定にする事で体のリズムが崩れません

 

自律神経やホルモンバランスの調子の為にも寝だめはNGです。

 

平日5分でも良いので筋トレやストレッチなどをして運動を行う習慣をつけましょう。

 

次の日に疲労が残ってしまうような運動は体質改善にはあまり向いていません。

 

 

 

毎日の小さな積み重ねが体質改善につながっていきます。

 

【急がば回れ】小さなことからコツコツとですよ~

 

 

12月休診日

こんにちは~

今日は冬らしい気温で寒いですね・・

風邪など体調を崩さないように

お体ご自愛ください。

 

12月休診日のお知らせ

4 11 18 25

年末は30日まで診療します

年始は4日から診察になります

 

※セミナーなどで臨時休診になる事があります

ご来院の際は事前にお問い合わせください

笑顔の力!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

この3連休は天気も良く絶好の行楽日和でしたね!!

 

紅葉や行楽地でみなさん楽しみましたか?

 

楽しい時は笑顔が自然と出ますよね。

 

【笑い】は非常に健康に役立ちますし、妊活にももちろん良いですよ!

 

 

 

 

 

人が幸せだって脳が感じるメカニズムがあります。

 

癒し系ホルモン「セロトニン」

 

笑うことでこのセロトニンが分泌され、心が穏やかになります。

 

 

 

快楽ホルモン「エンドルフィン」

 

ランナーが走っている際に心地よくなるランナーズハイが代表的です。

 

笑うことでこうしたホルモンが分泌されて幸せ感がアップして日々の充実感を感じられるようになります。

 

 

 

笑う事でガン細胞が無くなったという報告や研究結果まであるくらいです。

 

副交感神経優位になる事で体の各器官の機能が向上します。

 

子宮や卵巣、精嚢などももちろんストレスが減るので機能アップが期待出来ます!

 

 

 

妊活だけではなく人間的にも

 

いつも眉間にシワを寄せている人といつも笑顔でいる人。

 

どちらの人になりたいと思いますか?

 

おそらく多くの方は笑顔でいる方でしょう。

 

笑顔は自分も周りも幸せに出来る最良の手段です(^o^)

 

 

 

 

不妊治療を隠すべきなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは~

 

 

 

今日のテーマはとても難しいテーマです。

 

不妊治療を隠すべきなのか?

 

 

 

結論から言うと私の立場からの意見は

 

【隠さずに妊活をした方がいい】という意見です。

 

賛否両論はあると思いますが、今は5.5組に1組が不妊治療をしており18人に1人の割合で不妊治療により赤ちゃんが誕生しています。それだけ当たり前になってきています。

 

日本生命のしゅしゅという保険には体外受精、顕微授精に対してのサポート保障などあります。

 

日本社会全体が【不妊治療】に対して少しずつ理解を示しているのかなと思います。

 

 

 

でもまだ不妊治療に対して非協力的な会社や両親、友人に言うか否か・・。

 

隠し続けて周りのプレッシャーに耐えながら妊活をするのは精神的にも負担がかかってきます。

 

無理に言う必要はありませんが、周りも味方につけられるならその方が良いと思います。

 

言ったら周りが気を使う・・。

 

あらかじめ先に言っておきましょう。

 

【いつも通りに接してね】と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体外受精移植後の過ごし方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体外受精移植後や人工授精後の過ごし方について患者さんから質問を受ける事が多々あります。

 

おそらく病院側からは移植当日は無理をしないで安静にと言われると思います。

 

翌日以降は普段の生活や、やはり無理をせずにと言われると思います。

 

私も移植当日は無理をしないで体を休めて下さいと言いますが・・なかなか安静に出来る方は少ないと思います。

 

そもそもこの場合の≪安静≫って?どこまでが安静なのか??

 

私は心身共に苦痛にならない生活動作なのかなと思います。

 

人によって、移植後は仕事をする人もいれば旦那さんとデートをする人もいると思います。

 

結論から言うと【それも有り】ですね!!

 

一人でいるのが不安な人は職場で気を紛らわせるのも良いですし、大好きな旦那さんと映画鑑賞やお茶などしてコミュニケーションをとりながら有意義な時間を過ごすのも良いですね!!二人が望んで赤ちゃんが欲しい気持ちを共感出来ますし、心が一つになればお互いの愛も深まります。

 

【一番重要かもしれません】

 

心穏やかに過ごすことが出来れば私は体にもいい影響があると思います。

 

 

 

 

 

慈悲の心がけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【慈悲の心がけ】

 

 

 

私たち人間は感情の生き物です

 

喜怒哀楽があって当たり前なのです

 

 

 

不妊治療を中心に生活しているとやはりメンタル面でのバランスが乱れがちになります

 

タイミング法、人工授精、体外受精、赤ちゃんを授かる事が出来た方は夢がかない妊娠そして出産へと努力が報われます。しかしそうでない方は計り知れない悲しみが押し寄せてきます。気持ちはいつでも【母親】になれるのに・・。

 

【なぜ私には赤ちゃんが授からないの】

 

悲しみや絶望感が苛立ちや怒りに変わる方もいます。

 

パートナーに冷たくしたり仲良しだった友人に邪険な態度をとったり、他人に八つ当たりしたり。

 

不機嫌な時に行動したその言動は全て自分に戻ってきます。

 

そうならないように普段から【相手を思いやる言動】を心がけてみて下さい。

 

仏教用語では【慈悲】と言います。

 

例として乱暴な言葉は使わない。舌打ちしない。物にあたらないなど

 

同じ生きる時間を過ごすなら心に余裕を持っている方が楽しいですもんね!!

 

 

 

【補腎】で免疫力アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

日に日に秋の深まりが感じられるようになってきています。

 

この時期になると患者さんに良くみられる冷え・・・

 

中医学では冬は体を温め【腎】を補う事が重要とされております。

 

東洋医学で言う【腎】ホルモンや泌尿器系、生殖器系、免疫系の働き全般を指し、生命の根源となる機能のことです。

 

漢方・鍼灸・薬膳食・整体など腎を補う【補腎】事は多くあります。

 

今回は食事に一工夫して【補腎】行いましょう!

 

 

 

腎をつよくする食べ物の代表的なものを挙げると、

 

牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉、エビ、ホタテ、うなぎ、どじょう、海苔、昆布、クコの実、くるみ、黒豆、黒キクラゲ、黒ごま、山芋、銀杏、牡蠣、生姜、シナモン、山椒、ごぼう、にら、にんにく。

 

食事は私たちの体を構成するのにとても重要になってきます!

 

寒い時期は特に温かい食事を意識して血の巡りを良くしましょう~

 

 

11月休診のお知らせ

11月休診日

6 12 13 20 27

 

学会やセミナーなどで臨時休診になる

場合もありますので来院の際はお問い合わせください

子宮内フローラ検査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん子宮内フローラって知っていますか??

 

 

 

女性にとって、とても大切な子宮や卵巣ですが子宮中には子宮内環境を良い状態に保っている子宮内フローラ(ラクトバチルス)という善玉菌の存在があります。

 

 

 

実はこのラクトバチルスが占める割合で妊娠率・妊娠維持率・に大きな影響を及ぼすという研究報告もあります。ラクトバチルスが減少し(ラクトバチルス90%未満)他の菌が増殖した状態では、受精卵が着床せず、また着床しても流産を起こす原因となり得る報告もあります。

 

2015年、米国ラトガース大学の研究者らは、子宮内に善玉菌が存在することを発見し、善玉菌が着床時の免疫に影響を与える可能性を指摘しました。その後、2016年、米国スタンフォード大学の研究者らが、妊娠成功群と妊娠不成功群で善玉菌の量を調べたところ、妊娠不成功群では善玉菌が少ない傾向にあることを見つけました。

 

 

 

原因不明の不妊症や不育症。良好胚移植不成功が続くなど好条件なのに良い結果が出ない。

 

精子の状態も良いのに原因が不明な方は子宮内フローラを調べるのも良いかもしれません。

 

医療は常に進歩して常識とされることが日々変化します。

 

病院によって検査の料金は違いますがだいたい36万円台が多いみたいです。

 

 

 

検査方法は子宮内膜液を採取します。

 

結果は数週間後に分かります。

 

現在病院で不妊治療をしている方は担当医の治療方針などもあると思いますので詳細は病院や担当医に直接お問い合わせください。

 

 

 

妊娠と農作物には共通点が多い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます!

 

段々と秋の深まりも実感するようになってきましたね~ 

 

実りの秋とも言いますがこれは妊活にも共通点が多くあります。

 

 

 

・肥料などで良い土壌になる⇒体の状態が良いと妊娠しやすい

 

・種の良し悪しで味が決まる⇒精子や卵子の質で着床率が違う

 

・枯れないように水をあげ成長させる⇒栄養をバランス良く摂って元気な赤ちゃんが育つ

 

・美味しい時期に収穫する⇒赤ちゃんが大きくなったら出産

 

農作物と妊娠って共通点が多くあると思いませんか?

 

 

 

まずは妊活を考える方や妊活中の方は自分の体を知って妊娠しやすい体の土台づくりをする事をオススメします~

 

 

 

分からない事や質問などあればお気軽にお問い合わせください(^o^)

 

 

 

睡眠で卵子の質をあげる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

今日は体の回復や免疫力、妊活にももちろん重要になってきます。

 

みなさん一日、何時間くらい睡眠をとっていますか?

 

良い睡眠をとれていますか?

 

 

 

まずは、睡眠の基礎知識を考えていきましょう~

 

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2タイプがあり、レム睡眠は比較的浅い眠りで身体は休んでいるけれど脳は活発に動いている状態。夢を見ている時がこのレム睡眠時です。

 

ノンレム睡眠は深い眠りで脳も身体も深く休んでいる状態を指します。何をしても起きない時です(--)y-゜゜゜

 

私たちが睡眠に入るとまず深い睡眠であるノンレム睡眠が現れ、約90分のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠とが繰り返されます。

 

このノンレム睡眠が妊娠に影響するホルモン分泌と密接な関係にあると言われております。私たちの身体は22時から深夜3時の間くらいに、成長ホルモンが多く分泌されます。

 

なかでもノンレム睡眠の状態にあるときに分泌が高まるため、成長ホルモンはその他のホルモンを調整する働きがあり、同じく脳下垂体前葉から分泌される卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンの分泌にも影響を与えます。

 

卵子の質という観点からみるとやはり睡眠はとても重要になってくると言えるでしょう!

 

ここで着目したいのは睡眠時間を重要視するか睡眠の質を重要視するかです。

 

私は睡眠の質を重要視します。

 

いくら睡眠時間が長くても途中に何回も起きたり、夢ばかり見ていると質の良い睡眠がとれません。

 

 

 

質の良い睡眠をとる為のコツとしては

 

・寝る前23時間前には食事を済ませておく

 

・寝る1時間前にはパソコン・携帯・テレビなどは見ない

 

・リラックスできる時間を就寝前に作る

 

・コーヒーや紅茶などカフェインの入っているものは夜は避ける

 

・起床時間を一定して睡眠リズムを作るなどです

 

・お酒を飲みすぎない

 

 

 

健康な体を作る為にも今一度睡眠を見直してみて下さい(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生(健康)の成功者ってどんな感じ??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは!

 

今日は治療にも繋がってくるメンタルの話をします。

 

 

 

世の中の成功者とされる言われる方や一般的に好かれる方を想像してみて下さい。

 

 

 

・前向きな思考と行動

 

・すぐ行動する

 

・人のせいにしない

 

・他人の悪口を言わない

 

・言いわけをしない

 

・素直

 

・笑顔が多い

 

・明るい性格

 

・喜ぶことを率先してやる

 

 

 

その逆は・・・

 

・いつも否定的

 

・出来ない理由をさがす

 

・後伸ばしにする

 

・人のせいにする

 

・他人の悪口ばかり言っている

 

・言いわけをする

 

・無愛想

 

・根暗

 

・人の嫌がる事を平気でやる

 

 

 

前者と後者みなさんはどちらが良いですか?

 

もしくはどちら側の人間になりたいですか?

 

ほとんどの方は前者だと思います。

 

心と体は繋がります。

 

いつも否定的な人はイライラしがちで他人に攻撃的になります。

 

一方、いつもニコニコして肯定的な方は心にも余裕が出来ます。

 

健康的な生活を送る為にも人間楽しく過ごせた方が病気の罹患率も下がります。

 

【人のふり見てわがふり直せ】

 

私もなるべく眉間にしわを寄せない生活を目指します~(^o^)

 

 

 

適度な運動って何?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

朝晩は涼しい日々が多くなってきて過ごしやすいですね。

 

過ごしやすくて快適ですがこの時期は体調を崩しやしい時期でもあります。

 

夏の間冷たい物を好んで飲食していた方は胃腸の冷えが現れてきたりします。

 

本来ならば食欲の秋というくらいなので、秋の味覚を楽しみたいのに

 

食欲不振や体調不良・・・そんな方は規則正しい生活、早寝、早起き食事は温かい物を腹八分までに抑える。適度な運動を心がけてみましょう。

 

 

 

適度な運動??

 

ジョギングやウォーキング??筋トレ??

 

私には向いてないし時間もないし出来ない!!という方も多いと思います。

 

他にも適度な運動はあります~

 

ヨガやストレッチ、体操などオススメです!

 

 

 

オススメ理由

 

  1. 室内で出来るので天気や気温に左右されない

  2. いつでも気軽に出来る

  3. 血流が良くなる

  4. 心もリラックス出来る

  5. (骨盤)バランスが左右均等になる

 

妊活においては毎日少ない時間で効果的に体にアプロ―チ出来ます!

 

天気に左右されずに自宅でいつでも行えるのはどこかに行く手間と時間が省けますし、体の血行が良くなり骨盤のバランスも良くなると子宮や卵巣の機能向上にも繋がります。

 

リラックス状態は副交感神経優位になりますのでホルモンバランスも整ってきます。

 

良い事だらけです~

 

【継続は力なり】

 

適度な運動はそんな大変なことじゃありませんから~

 

妊活スタイルの提案

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めないで妊活を継続するにはいつも100%で生活していたら疲れてしまいます。

 

心も体も疲れ切って何の為、誰の為に妊活をしているのかも見失いがちになってしまいます。

 

≪自分を責めて、相手を責めて、周りを責める≫

 

心が乱れると必ず自律神経やホルモンバランスが乱れます。

 

妊娠に重要なホルモンも多く存在します。

 

結果、妊娠しづらい環境を自ら作っては本末転倒ですよね・・・。

 

こうならない為にもいつも70%~80%のチャレンジをしてみて下さい。

 

あとの20%~30%は心の余裕を持ちましょう。

 

 

 

健康に妊活生活を過ごす秘訣は全力投球しすぎない事です。

 

全てはバランスが大切になってきます。

 

ON OFFの切り替え大事にして下さい。

 

 

 

10月休診日のお知らせ

おはようございます!

 

みなさん台風は大丈夫でしたか?

今日は寝不足の方が多いと思います。

睡眠は健康を保つのにとても大切になります。

今夜は早く寝れる方は早めの就寝をオススメします。

 

10月の休診日

2 9 16 23 30 

 

学会やセミナーなどで臨時休診する事もあります

初診の方、予約をお取りしていない方は

あらかじめメール・電話などでお問い合わせください

精子の質の低下はなぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

今日は男性不妊についてです。

 

 

 

私が不妊治療をしていて感じる事は男性側の問題がある事が多いという事です。

 

いろんな生活スタイルがありますから一概には言えませんが男性側になぜ問題がなぜ多くなったのか考えてみました。

 

・子供のころから体を動かさない生活スタイルだから【運動不足】

 

・電磁波を発する電気機器の普及

 

・食生活全般

 

・たばこ・飲酒

 

・晩婚に伴い性欲の減退

 

・事務系の仕事の増加

 

・異性に対して興味がない

 

など思い当たる事は多々ありますが・・・。

 

 

 

卵子もそうですが精子も年齢が若い方が質も良いです。

 

精子は毎日つくられるものなので定期的に外に出してリセットしないと元気のある精子が無くなってしまいます。

 

異性に興味がないと精子を外に出す機会も無くなってしまいます。

 

そんな理由??

 

と思う方もいると思いますが本当なのです。

 

一昔前に流行った言葉で『草食男子』という言葉がありますがまさにそれです。

 

 

 

明るい未来の為にもっと世の中の男子はいろんな意味で異性に興味を持ってもらいたいものですね。

 

 

風しん予防接種受けてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます!

今日は冷たい雨で気温も低いですね・・

風邪などひかないように体調管理に気をつけましょう!

 

ニュースなどでも大きく取り上げられていますが

関東地方を中心に風しんが大流行しております。

30代後半の方達は特に注意が必要で風しんワクチンの

予防接種を行っていない時があったからです。

私は子供の時に風しんにかかりましたが念のため

予防接種を受けてきました。

妊娠初期の妊婦さんが風しんにかかると高い確率で

先天性風しん症候群と言われる障害のある子供が生まれてくるとも

言われいます。

リスクを避ける為にも妊活をしている方、これから妊活を考えている方

その家族の方は自分に抗体があるのか調べる、又は予防接種を行う事を

強くオススメします。

後悔しない為にも出来る事は事前に行いましょう。

 

心と体の調和

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

今日は敬老の日です。

 

今の私たちが居るのは祖先様の存在のおかげです。

 

老人を敬い長寿を祝福しましょう!

 

 

 

今日は心と体のバランスについてです。

 

 

 

いつも愛想が良く笑顔が多く人の悪口を言わない方と

 

無愛想でなんでも否定して人の悪口をいつも言っている方

 

みなさんだったらどちらの生き方が良いですか??

 

考える事も無いでしょう。もちろん愛想が良く笑顔が多い方がいいですよね。

 

笑顔=幸せホルモンが分泌される【セロトニン】⇒夜になると【メラトニン】という

 

ホルモンに変わってより良い睡眠がとれる。

 

睡眠の質が良いと自律神経バランスやホルモンバランスも安定して体の各器官の質の向上につながります。

 

もちろん妊活をしている方は子宮や卵巣、男性では精嚢の生殖器官の機能向上につながっていきます。

 

イライラしているとストレスも溜まって精神状態にも良いとは言えません。

 

ストレス発散でリセットして少しでも笑顔で生活出来るように心がけてみてはいかがでしょうか~(^o^)

 

 

 

妊娠しやすい季節ってあるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは!

 

 

 

今回は妊娠しやすい時期ってあるのか??

 

出生月のデータから言うと

 

8 9 10 月が多いという事は10月から12月に妊娠する方が多いと言えるでしょう。

 

諸説いろいろあります。

 

 

 

涼しくなると精子の質が上がる

 

過ごしやすい季節だと心も落ち着きホルモンバランスが安定する

 

食欲が出て食事での改善が出来る

 

猿の繁殖期は1012月 人間のもとは猿なので人間も繁殖期では??

 

決定的な理由はないですが私が思うに

 

冷房などで過剰に体が冷えなくホルモンバランスが安定して

 

低温期と高温期がしっかりと別れてくれる=質の良い卵子が出来て子宮内膜も厚くなって妊娠しやすい体になるのではないのかなと。

 

秋はなぜか流産率が低いという調査結果もあるんです。

 

藤田保健衛生大の中沢和美教授(産婦人科)が約2800人の妊婦のデータを追跡。

 

最終月経があった月別に、3年間の平均流産率を集計。

 

結果、最終月経が10月と11月だった人の”流産率”だけがいずれも7%と低く、

 

他の月は16-22%と2倍以上あったとか。

 

季節との因果関係があるのかもしれませんね。

 

中沢教授曰く、「季節的に繁殖期がはっきりした動物がいるように、人間も季節で体のリズムが変化する可能性があるのでは」。

 

 

 

理由はまだ分かっていないし、

 

1病院だけのデータ分析のため確実にこれだ!!とは言えないですけど

 

解明出来たら助かる方は多いですね。

 

 

 

 

9月休診日のお知らせ

9がつ休診のお知らせ

11 18 15

※8日は14から休診

 29日は18時終了となります

 

学会や勉強会などで休診になる場合があります

来院の際は電話などでご確認ください