秋、冬は妊娠率が高い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

今年もあと少しみなさん悔いのない2017年に出来るように

 

ラストスパートしていきましょう!!

 

妊活をこれからする方もそうでない方も冬は妊娠しづらいと思っていませんか??

 

 

 

では妊娠の多い時期は何月?

 

出産の多い月が78月という統計があります。

 

逆算すると10月~11月に妊娠しやすいということになります。

 

男性の精子の状態を考えると熱に弱い精子が寒くなるこの時期に活動が活発になるのは一つの意要因で精子の質が良くなり妊娠しやすいと言えます。

 

 

 

では女性にとって寒さはどうでしょうか?

 

寒さに弱い女性にとってはとても妊娠しづらい季節とも言えます。寒さで冷えが強くなり血行が悪くなってしまっては、良い排卵を起こせません。

 

でも人間の防衛反応として寒くなると体の温度を一定に保つ機能が働きます。

 

体温が下らいようにする為です。

 

結果基礎代謝量がアップ!!

 

基礎代謝とは、何も運動をしないで過ごしたとしても消費されるエネルギーのことです。この基礎代謝は、どんな身体の活動のエネルギーなのかというと、主に、内臓を動かしたり、血液を循環させたり、呼吸をしたり、筋肉から熱を発したりするために使われるエネルギー消費量です。

 

秋はエネルギーがたくさん体の中で循環するので、卵子の質も向上するのではないかと考えます。

 

精子・卵子の質が良くなれば、自然妊娠・人工授精・体外受精どのレベルでも妊娠率がアップします。

 

そこに、鍼灸や整体を加えて体の調子を整えるとより一層妊娠率がアップ出来ます!!

 

プラスご自身でヨガや運動をするとより良いと思います(^’^)