柿の妊活パワー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます!

 

 

今日は体育の日。

さわやかな秋晴れですね~

運動の秋ともいうくらい体を動かしやすい季節です。

ちょっとでもいいので外に出てリフレッシュしたいものですね(^o^)/

今日は柿の話をしていきます。

 

今が旬の柿。

 

みなさん妊活をされている方は体が冷えるとか妊娠には向かないという事を聞いたことがあると思いますが、私は問題ないと考えます。

 

むしろ、季節の食べ物は楽しみながら美味しく食べる。が基本だと思います。

 

 

 

確かに柿の渋み成分の≪タンニン≫は鉄分の吸収を邪魔する働きがあるので貧血の方で妊活をしている方にはあまりすすめないです。鉄が足りなくて血流循環が悪くなる恐れがあるからです。

 

貧血に該当しない方は気にしないで食べても大丈夫だと感じます。

 

妊活をされている方は担当医師に相談してみるのも良いと思いますよ。

 

 

 

ここまでだと妊活=柿は相性が悪いと考えてしまいますが柿には嬉しい成分も沢山あります!!柿は栄養満点の食べ物なんですよ!!食べ過ぎると栄養過多になってしまう程です。特にビタミンCが豊富に含まれ、柿1個で1日分のビタミンCは十分満たされるくらいなのです。ビタミンCはウイルスに対する免疫力や抵抗力を高め、風邪を引きにくくしてくれます。その他抗酸化の働きもあるので、卵子の質や精子の質の向上にも一役どころか二役かってくれます。そして、柿はビタミンAも含んでいます。ビタミンAもまた面膜を強くしてくれることから、風邪を引きにくくしてくれると言われています。しかしビタミンAは妊活中や妊娠初期に大量に摂取すると、赤ちゃんの催奇形性リスクがあがってしまうと言われています。

 

でもご安心ください。

 

ビタミンAは確かに妊娠初期は取り過ぎると、奇形のリスクが高まるとされています。しかしビタミンAには動物性由来のレチノールと植物性由来のβ-カロテンがあり、注意するべきなのは動物性由来のレチノールなのです。レバーやウナギから摂る動物性由来のビタミンAやサプリメントからのビタミンAには注意が必要ですが、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンのようなプロビタミンAについては過剰症の心配はありません。β-カロテン豊富なニンジンも妊娠中に食べて問題ないように、柿もビタミンAが含まれるからと心配する必要はないでしょう

 

 

 

日本は四季折々の食材が豊富にあります。

 

私は昔の日本食は本当に体に良いと感じています。

 

旬の物を美味しくいただけることに感謝して美味しく食事を行いましょう!!