妊活とダイエット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはー(^o^)

 

 

 

今日も暑さに負けず健康な体づくりのために頑張っていきましょう!

 

土日、休日の方はoffを満喫しましょう!!

 

 

 

みなさん、妊活中にダイエットをすると妊娠しやすくなると聞いたことがあると思います。

 

一般的に肥満は赤ちゃんを遠ざけてしまう原因になります。しかし痩せようと思っても、それが間違った方法であれば、妊娠することに逆効果になってしまうのです。

 

せっかく頑張っていることが逆効果なんて。。

 

そんなことにならないようにダイエット方法の提案をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

肥満度をチェックするには、BMIと体脂肪率を調べることで判断することができます。一般的に標準な範囲とされているのは以下のような数値の方です。

 

 

 

BEMの標準範囲

 

18.525

 

 

 

体脂肪率の標準範囲

 

男性:1117

 

女性:2128

 

 

 

この範囲でなければ妊娠できないというわけではありませんが、極度の肥満はホルモンバランスを乱して不妊の原因になってしまいます。過度なダイエットによって、生殖機能が低下して月経や排卵の乱れが生じることもあります。もちろん卵子や精子の質も低下する恐れもありますので。

 

 

 

BMIを計算したいときは以下の計算で出ます。

 

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI指数

 

ちなみに私は体重73キロ 身長182センチ

 

73÷(1.821.82)=約22.0になります。

 

体脂肪率を知りたい場合は、体脂肪計を使用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

妊活中の間違ったダイエット方法

 

 

 

その間違った方法とは、極端な食事制限や「食べないダイエット」方法です。確実に体重は減りますが健康に悪影響をもたらします。ダイエットをして病気になっては元も子もありません。

 

食事を制限するということは、妊娠にとって必要になる大切な栄養素が不足してしまうことに繋がります。

 

 

 

 

 

妊活中に最適なダイエット方法は

 

 

 

妊活ダイエットの基本となるのは、食事はタンパク質をきちんと摂る。糖質を制限する。脂質特にオメガ3(青魚に多く含まれる、アマニ油、えごま油)を多く摂取する。

 

オメガ3は妊娠初期(3週から4週にかけて)に胎児の脳と目の発育に大きな影響があります。

 

特にベビ待ちの方に必要な栄養素とされている、葉酸やミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛など)を積極的に摂り入れるようにしてみてください。

 

 

 

知識は最大の武器になります!

 

正しい知識をフル活用して楽しい妊活生活を心がけて下さいね(^o^)