妊活とルイボスティー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは~(^o^)丿

 

 

 

 

 

市原市は昨日まで30度を超える日が3日続きました^^;

 

今日は比較的涼しいですが、これから暑くなるにつれて

 

飲み物の量も増えると思いますが、妊活中の方冷えのある方は

 

常温以上の温度の飲み物を飲むように心がけて下さい。

 

冷たい飲み物は体を冷やしますからね・・・(_;)

 

 

 

その中でもオススメの飲み物を何日かに分けて紹介しますね!

 

 

 

 

 

今日はルイボスティーです。

 

 

 

ルイボスティーのルイボスとは、南アフリカ共和国の一部に自生するマメ科の植物を指します。このルイボスの葉を乾燥させてお茶にしたものが、ルイボスティーです。ストレートで飲まれることが多く、ホットでもアイスでも常温でもおいしくいただけます(^o^)丿

 

 

 

 

 

妊活中の方、妊婦さんにうれしいルイボスティー効果♪

 

 

 

 

 

ルイボスティーが特に妊活中の方や妊婦さんにとって良いとされる理由とは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

 

★ノンカフェイン

 

まず注目したいのはノンカフェインであるということです。カフェインは中枢神経を刺激することで、覚醒・興奮の作用をもたらします。これが胎児の発育にとって悪影響を及ぼします。

 

その他、カフェインの利尿作用によって、カルシウムが排出されてしまいます。カルシウムは胎児の成長にとって必要な栄養素ですので、不足は避けたいものです。ルイボスティーはカフェインを含まないので、これらの心配無く飲み続けることができるというわけです。

 

 

 

★抗酸化作用

 

ルイボスティーにはSOD酵素という成分が含まれています。このSOD酵素というのは多すぎる余分な活性酸素を分解してくれる役目があります。

 

活性酵素とは、それ自体が悪いものではなく、排卵時には必要とされるものです。排卵後、着床しなかった場合は、次の排卵の準備をするためにいったん分泌量が減少します。しかし、分泌量が減少せずに量が増えすぎてしまうと体内バランスを崩し、排卵障害など不妊の原因となってしまいます。分泌量が増えてしまう主な原因は、食品添加物やタバコ、ストレスなどさまざまありますので、気をつけていないと気づかない内に活性酸素によって不妊症になっていた、ということも起こりかねません。

 

また、SOD酵素にはアンチエイジングの効果があるとされており、シミやそばかすなどの肌への効果はもちろん、卵子の老化を防ぐ効果も期待されています。

 

 

 

★ミネラルが豊富

 

ルイボスティーには豊富なミネラルが含まれています。特に妊活中に必要なカルシウム・鉄分・亜鉛が含まれているので、不足しがちな栄養素を毎日のお茶から摂取できるというのは、サプリメントを飲むよりも経済的です。豊富なミネラルと抗酸化作用によって免疫力も上がるので、風邪や感染症になりにくくなります。妊活中の方だけでなく、おなかに赤ちゃんがいる妊婦さんも健康に保つために、ミネラル豊富なルイボスティーはとてもおすすめです。

 

ただし、ミネラルが豊富だからといって飲み過ぎてしまっては、体に必要以上のミネラルがたまってしまい体に悪影響を及ぼしかねません。1日の目安としては23杯程度。1Lのペットボトル1本分程度にしておきましょう。

 

 

 

夏場は1日に1.5ℓ~2ℓの飲み物は必要になってきますので、何を飲んで分からない時は迷わず【水】を飲んで下さい!!

 

 

 

分からない事があれば何でも聞いて下さいね~\(^o^)